スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 | Trackback(-) | [編集]

イチョウ葉エキスの成分と働き

今大変評判になっているフラボノイドの抗酸化作用は、
イチョウ葉エキスに含まれるものです。


活性酸素とは、本来体内を守るために作られるものですが、ストレスや
ウィルスによる影響を受けて、増えすぎてしまうという性質があります。
活性酸素が増え過ぎると、細胞破壊が起こり、動脈硬化など
生活習慣病を引き起こしてしまいます。
このようにして増えすぎた活性酸素は、
フラボノイドによって抑えることができます。


まず血管を修復して強化したうえに弾力を与え、血流の促進、
そして血液循環機能の改善など、その症状を次々に治していきます。
またイチョウ葉エキスには、脳機能改善作用を持ったビロバライド、
という成分が含まれています。
この成分の働きで、集中力や記憶力が向上するわけです。


イチョウ葉エキスの有効成分にはほかに、血栓を防ぐ働きをする、
ギンコライドというものがあります。
また、抗炎症作用の働きもあり、これはアレルギーを改善する
役目を持っています。


イチョウ葉エキスには、フラボノイドの一種であるカテキンも含まれていて、
抗酸化作用の力を発揮します。
これには血圧上昇を抑えてくれたり、血糖値や血中コレステロールを
調節してくれたり、老化を予防したり、さらには抗菌作用もあります。


こんなさまざまな働きを有したイチョウ葉エキスは、
その豊富な成分で常に私たちの体を守ることができるでしょう。

スポンサーサイト





サプリメント | Trackback:(0) | [編集]
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 健康管理ナビ~美容と健康の最新お得情報 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。