FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 | Trackback(-) | [編集]

ヒアルロン酸が減少したら

人間が生きていくために、ヒアルロン酸の働きがとても重要で、
生きていく為には欠かせない物質なのです。


この、ヒアルロン酸がヒアルロン酸はいつまでも体内で作られるといえば、
それはNOということです。
ヒアルロン酸は悲しいことに、加齢とともに体内ヒアルロン酸は減少します。
その能力も衰えてしまいます。


ヒアルロン酸が減少するということは体に色々な影響が出てしまいます。
わかりやすいところは皮膚です。
一番影響が出やすいのですね。
私たちの皮膚は真皮、表皮、皮下組織から構成されています。
ヒアルロン酸が減少されることにより、真皮細胞が薄くなるのです。


そして、結果的には、乾燥肌、シワ、たるみの原因になり、
老化現象が起こってしまうのです。
老顔になってしまうのは、ハリやツヤが失われて、ほほがたるんでしまうのです。


関節が痛かったり、疲れ目になったり、ドロドロの血になります。
皮膚が衰えるということは、このように他の部分にも老化が
できているという証拠になります。


さらには、骨粗しょう症や更年期障害や、糖尿病などの病気を引き起こす
原因も否定できないのです。


ヒアルロン酸は30代から減り始めるといわれていますが、
40代には半分に減少し、50代には半分以下になってしまいます。
老化の徴候は肌にツヤやハリがなくなって、シワやたるみが気になりだしたときです。
ヒアルロン酸を上手に摂取して、老化や病気の防止対策をしていきましょう。


スポンサーサイト





今話題の健康食品 | Trackback:(0) | [編集]
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 健康管理ナビ~美容と健康の最新お得情報 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。