FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 | Trackback(-) | [編集]

コンドロイチンを補う食品

老化とともに不足しがちなコンドロイチンを食事から摂取するには、
どんなものを食べたらよいのでしょうか。
それはコンドロイチンが持っている性質、
つまりねばねばした食品に含まれているのです。


そういうと想像がつくと思いますが、納豆、オクラ、海藻や山芋など、
ねばねばしたものであれば、動物性でも植物性でもコンドロイチンが
含まれていると考えて間違いないでしょう。
ただし、動物性の食品、たとえばうなぎ、すっぽん、フカひれ、どじょうなどの
コンドロイチンは植物性のものより比較的吸収率が高いようです。


日本の伝統的な食事にはこの「ネバネバ」したものが多いのも、
昔の人の健康維持に対する知恵なのかもしれません。
「ねばねばしたものは精がつく」とは昔から言われている言葉で、
こんなことからもその事実が伺えます。


ただしその含有量は決して多いものではありません。
食品から摂り入れるには、常にそのことを頭に入れて
食事を考える必要があります。
これをすべて食事から摂っていくことは、なかなか難しいと思う人も
決して少なくないでしょう。


サプリメントや医薬品であれば、無理することなく
コンドロイチンを摂ることが可能です。
サプリメントは高価なイメージがありますが、
コンドロイチンのサプリメントは続けやすい価格のものが多く、
1ヶ月分で1500円くらいからあるようです。


サプリメントでバックアップしながら、日ごろの食事でも
取り入れるよう気をつけることが、一番いい方法といえるかもしれません。


スポンサーサイト





サプリメント | Trackback:(0) | [編集]
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 健康管理ナビ~美容と健康の最新お得情報 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。