スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 | Trackback(-) | [編集]

高齢者高血圧の特徴

高齢者特有の症状が出ることで限定されている高齢者高血圧は、
普通の高血圧とどのようなところが違うのでしょうか。


一般的な高血圧は、収縮期血圧と拡張期血圧のうちいずれかが
高い場合をいいます。
それが高齢者高血圧になると、拡張期血圧、すなわち最低血圧はほぼ正常で、
収縮期血圧、すなわち最高血圧の方だけが高くなる状態をいうのです。


歳をとるにしたがって動脈の弾力性や伸縮性が弱まり、そのため
動脈硬化が起こり、心臓から血液を送り出すのに余計力がいることになり、
収縮を起こしてしまいます。


その収縮期の血圧が高くなってしまうわけで、高齢者にとっては、
これが負担となります。
高齢者高血圧は体のいろいろな働きを鈍らせ、
それがさまざまな病気をもたらすことになってしまいます。


そしてこの高齢者高血圧は、ただの高血圧と違って、合併症を起こしやすい
という特徴があり、さらに血圧が上下しやすいという点もあります。


血圧は自律神経の働きにより調節されていて、正常な状態に保たれています。
けれども歳を取るにつれ、そのリズムは乱されて、
血圧の変動は激しくなってしまうのです。


具体的な症状としては、夜の間も安定しない夜間高血圧、
夜下がった血圧が朝になるとまた上がってしまう早朝高血圧などがあります。
高齢者の場合、動脈硬化を起こしていて臓器の血流量が
下がっている状態もよくあり、急に血圧を下げる処置をしても、
それに体がついていかず、別の病気を招いてしまうことにもなりかねません。


高齢者高血圧は恐ろしい病気なのですから、
高齢者に限らず、高血圧には十分注意が必要ですね。


スポンサーサイト





血圧 | Trackback:(0) | [編集]
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 健康管理ナビ~美容と健康の最新お得情報 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。