FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 | Trackback(-) | [編集]

明日葉茶のすごい効果

明日葉茶と呼ばれるお茶はご存知でしょうか?
このお茶はとても健康に良いとされています。
実は「明日葉」の研究が進むにつれ、糖尿病にも効くのではないか、
と注目されているのです。


糖尿病が起こってしまうのは、体内のインスリンが不足してしまい、
グルコース細胞への取り込みの機能が低下することが原因です。
結果として血液中の糖の濃度が上昇してしまいます。


しかしこれはほんの始まりにすぎず、いわゆる合併症と呼ばれる
様々な病気を引き起こしてしまうのです。


そしてインスリンは、脂肪細胞に働きかけ、グルコースを
細胞に取り込むのを促します。
明日葉には、このインスリンと同じ働きをする成分が
あるということが判明したのです。


しかし、明日葉はまだ医療品の認可はなく、一般的には
あくまで健康食品として市販されています。


さきほどの糖尿病のほかにも、痴呆症の予防にも効果があるのでは
ないかと期待されています。


健康食品ですので種類はいろいろあります。缶でも売られていますし、
お茶の葉・粉末もあります。
忙しい人に最適なのは「明日葉サプリメント」です。
サプリメントならいつでもどこでも飲めますので便利ですよね。


明日葉茶の威力は、まだまだありますよ。
胃腸の働きを良くし、消化を助けてくれます。
鉄分やカリウムなども含まれていますから、貧血にも効きますし、
冷え性にも効果があります。
そして血圧を正常に保つ働きもしてくれます。
高血圧の人にも良いのですよ。


また、明日葉茶には骨粗しょう症予防にも効果があるのです。
カルシウムが成分にありますので、骨形成たんぱく質の生成に
力を発揮してくれます。


明日葉茶のパワーがこれほどまでとは思いませんでした。
まさに健康茶の王様ですね。
積極的に飲めば、毎日を元気に過ごせます。
明日葉茶を飲んで健康な毎日を目指しましょう!




スポンサーサイト



今話題の健康食品 | Trackback:(0) | [編集]

イチョウ葉エキスの成分と働き

今大変評判になっているフラボノイドの抗酸化作用は、
イチョウ葉エキスに含まれるものです。


活性酸素とは、本来体内を守るために作られるものですが、ストレスや
ウィルスによる影響を受けて、増えすぎてしまうという性質があります。
活性酸素が増え過ぎると、細胞破壊が起こり、動脈硬化など
生活習慣病を引き起こしてしまいます。
このようにして増えすぎた活性酸素は、
フラボノイドによって抑えることができます。


まず血管を修復して強化したうえに弾力を与え、血流の促進、
そして血液循環機能の改善など、その症状を次々に治していきます。
またイチョウ葉エキスには、脳機能改善作用を持ったビロバライド、
という成分が含まれています。
この成分の働きで、集中力や記憶力が向上するわけです。


イチョウ葉エキスの有効成分にはほかに、血栓を防ぐ働きをする、
ギンコライドというものがあります。
また、抗炎症作用の働きもあり、これはアレルギーを改善する
役目を持っています。


イチョウ葉エキスには、フラボノイドの一種であるカテキンも含まれていて、
抗酸化作用の力を発揮します。
これには血圧上昇を抑えてくれたり、血糖値や血中コレステロールを
調節してくれたり、老化を予防したり、さらには抗菌作用もあります。


こんなさまざまな働きを有したイチョウ葉エキスは、
その豊富な成分で常に私たちの体を守ることができるでしょう。






サプリメント | Trackback:(0) | [編集]

フラコラ500人気の秘密

フラコラ500の人気の秘密は、そのパッケージが手に取られやすいという
点もあると思いますが、なによりその飲み心地のよさにあるといえるでしょう。
ジュース感覚の、簡単に摂り得れることのできるコラーゲンです。
グレープフルーツ味で、においなどもないため、
気軽においしくのむことができます。


そしてフラコラ500が人気があるもうひとつわけは、その効果の早さにあります。
低分子コラーゲンのおかげで、高吸収、すぐに肌の変化に気付きます。
すぐによさに気づいた人たちが、口コミでそれを広め、
たぶん人気はどんどん広がっていったのでしょう。


もうひとつフラコラ500が人気のあるわけは、その豊富な
栄養成分にあるのです。
肌に良いとされる成分がバランスよく配合されていて、
相乗効果が期待される飲み物なのです。


ひとつではじめに期待した効果のほかに得るものがあれば、
それはうれしいことに違いありません。


配合成分のひとつビタミンCは、コラーゲンを保持する働きをし、
大豆イソフラボンは女性ホルモンのような働きをすることが
わかっていますが、コラーゲンやヒアルロン酸の合成に関与しています。


ヒアルロン酸は水分の維持、保湿作用があり、ビタミンB2は
細胞の再生などに効果を現し、こんなにも肌に良い成分がたっぷりで、
人気の秘密がわかりますよね。


美容と健康にいいという点では、女性だけにではなく、もっともっと幅広く、
男性やお年寄り、子どもたちにも飲んでもらいたい飲料ですね。







今話題の健康食品 | Trackback:(0) | [編集]

コンドロイチンを補う食品

老化とともに不足しがちなコンドロイチンを食事から摂取するには、
どんなものを食べたらよいのでしょうか。
それはコンドロイチンが持っている性質、
つまりねばねばした食品に含まれているのです。


そういうと想像がつくと思いますが、納豆、オクラ、海藻や山芋など、
ねばねばしたものであれば、動物性でも植物性でもコンドロイチンが
含まれていると考えて間違いないでしょう。
ただし、動物性の食品、たとえばうなぎ、すっぽん、フカひれ、どじょうなどの
コンドロイチンは植物性のものより比較的吸収率が高いようです。


日本の伝統的な食事にはこの「ネバネバ」したものが多いのも、
昔の人の健康維持に対する知恵なのかもしれません。
「ねばねばしたものは精がつく」とは昔から言われている言葉で、
こんなことからもその事実が伺えます。


ただしその含有量は決して多いものではありません。
食品から摂り入れるには、常にそのことを頭に入れて
食事を考える必要があります。
これをすべて食事から摂っていくことは、なかなか難しいと思う人も
決して少なくないでしょう。


サプリメントや医薬品であれば、無理することなく
コンドロイチンを摂ることが可能です。
サプリメントは高価なイメージがありますが、
コンドロイチンのサプリメントは続けやすい価格のものが多く、
1ヶ月分で1500円くらいからあるようです。


サプリメントでバックアップしながら、日ごろの食事でも
取り入れるよう気をつけることが、一番いい方法といえるかもしれません。







サプリメント | Trackback:(0) | [編集]

コンドロイチンとは

今テレビや雑誌などでよく見ることのある、コンドロイチンというサプリメントは、
どういったものなのでしょうか。


コンドロイチンとはもともとギリシャ語で「軟骨のもと」という意味があります。
一種の「ムコ多糖類」で、加熱されたときにジェル状へと変わる性質があります。


まず「ムコ多糖類」というものの説明をすると、人間の肌の奥に存在する
真皮の主要成分であり、「粘りを持った多糖」という意味を表しています。
人間の体においては骨と骨をつなぐ軟骨の部分に存在し、
そのねばねばした粘性が、骨同士が摩擦しないように、
クッションのような役目を果たしています。


そのほかの体内の部分では、眼球、角膜、皮膚、そして肝臓、腎臓などの
内臓にも存在し、細胞それぞれをつなぐ役も担っています。


また他の働きとして、体内の水分をコントロールするというものもあります。
コンドロイチンには非常に高い保水性があるといえます。


このような性質が生かされて、哺乳類や魚の軟骨から抽出され、
さらに精製され、化粧品やサプリメントに使われるコンドロイチンが
生まれているようです。


その中でもサメの軟骨は、特にたくさんのコンドロイチンを
作るもとになっているようです。


そんなコンドロイチンの安全性は、アメリカ食品医薬品局でも
認められているほどです。


このような大切な働きをするコンドロイチンは、私たちの健康を推進する
ものとして、これからまだまだ必要とされていくのではないでしょうか。







サプリメント | Trackback:(2) | [編集]

Copyright © 健康管理ナビ~美容と健康の最新お得情報 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。