スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 | Trackback(-) | [編集]

育毛剤の種類と効果

市販されている育毛剤は数々あって、いざ買おうとしてもどれを選べばいいのか
わからない人は多いでしょう。


育毛剤の種類とその効果についてちょっと知っておきましょう。
育毛剤を使おうとする人は、当然抜け毛を気にしている人だと思いますが、
その抜け毛には原因というものがあります。
それは男性ホルモンのテストステロンが原因で、8αリダクターゼという変換酵素が
働きかけて、デヒドロテストステロンというホルモンに変質してしまうと、
これが抜け毛を引き起こす元になってしまうのです。


抜け毛を予防することがほとんどの育毛剤の役目ですが、育毛剤の成分は
その働きから4つに分けられていて、それぞれが組み合わさることで
特徴を出しています。


その4つの働きとは、男性ホルモンの働きを抑えること、
毛母細胞を活発化させること、頭皮の血液循環を良くすること、
皮脂の分泌を抑えること、以上になっています。
これら育毛剤の働きの組み合わせにより、頭皮を良い状態にして
栄養補給することで抜け毛を防いでいるのです。


育毛剤は、塩化カルプロニウム、センブリやニンジンエキス、ビタミンEなどの
さまざまな成分で構成されています。
育毛剤は、血行促進、発毛促進、皮膚細胞の代謝改善、保湿作用、
フケ・カユミを防ぐ、造血機能回復、抗菌などの効果をもたらします。


このようないくつもある効果を考慮に入れながら、抜け毛の原因などと
照らし合わせて育毛剤を選ぶといいでしょう。


抜け毛は男性だけの悩みだと思われがちですが、
女性も年齢と共に髪の量が全体的に少なくなり薄くなります。
いきなり育毛剤に頼りっぱなしになる前に、まずシャンプーや日ごろの
お手入れの仕方などを見直すことも大切でしょう。




スポンサーサイト



抜け毛対策 | Trackback:(0) | [編集]

血行促進で発毛促進

発毛を促進するためには、頭皮の血行を促進して、新陳代謝を活発にする方法が
いいといわれます。


髪の地肌からでている黒い部分を毛幹といい、地肌の中にある部分を、
毛根と毛球といいます。
普通に私たちが髪と呼ぶ部分は毛幹ですが、この細胞はすでに死んだものであり、
毛幹そのものが新しい髪を作り出す機能を発揮するのではありません。
髪となって成長する部分は地肌の中にあり、毛根の部分にある毛母細胞が
分裂することで発毛ができるのです。


髪には頭皮を衝撃から守り、さらに有害物質を排出するなどの役割があって、
その役目を終えると自然に抜けるのです。
自然脱毛と同時に新しい髪が生え、常に同じ本数を維持できることが
正常な形です。


そもそも脱毛と発毛には周期がありますが、
それをヘアサイクルといい、4年~8年といわれています。
このとき、毛細血管から血液を通して運ばれてくる栄養や酸素が
毛母細胞の分裂を促進するわけです。
まずこのような血行を促進する方法こそ、
発毛を促すためのる方法として取り入れたいことです。


大人の体の中でも特に活動が活発な細胞なのが毛母細胞で、
そのため大量の栄養や酸素が必要になるのです。
栄養素などは頭皮の毛細血管を介して運ばれるので、
マッサージで頭皮や首を揉んで刺激しましょう。
血管を広げて血行を促進するためには、サウナやストレッチを
利用することが効果的で、発毛促進にも有効な方法です。







抜け毛対策 | Trackback:(3) | [編集]

Copyright © 健康管理ナビ~美容と健康の最新お得情報 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。