スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 | Trackback(-) | [編集]

甜茶のおいしい飲み方

甜茶を一番おいしく飲むには、製造元のお召し上がり方を守ることです。
甜茶を健康茶として楽しみたい人は、ティータイムや就寝前に飲むとよいでしょう。
抗アレルギーの効果として飲む人は一日の目安量が必要とされ、
その量は甜茶エキス120mgとされています。
ほとんどの甜茶が、個包装で販売されていますから、その1袋を500mlの熱湯で
煮出して飲みます。


甜茶エキスは3~5分煮出すことによって出てきて効果を現します。
煮出す時間を1分以上にすると、今度は甜茶ポリフェノールが十分に出てくるのです。
この煮出した甜茶を1日3回飲むと症状も早く改善されますが、
無理なく続けられる量でもありますね。


甜茶は他のお茶と同様に必ずしもその人に合うかどうかわからないので、
体質で合わない人もいるので注意が必要です。


煮出すということが面倒でいやだという人は、マグカップに1袋入れて
お湯を注げばそれでも飲めますが、濃すぎる場合があるので、
できるだけに出したほうがいいでしょう。


あまり濃い甜茶が好きではない人は、煮出し時間を短くしましょう。
ただ注意しなければならない点は、煮出しすぎると逆に
甜茶ポリフェノールが破壊されてしまうということです。
健康茶としてなら問題はありませんが、抗アレルギー作用を利用したいのなら、
ブレンドしたものもあって効果が薄れるので、成分表示の確認は大切です。




スポンサーサイト



花粉症 | Trackback:(0) | [編集]

甜茶と花粉症

やっかいなアレルギー症状に効果があるのは、
甜茶だということがわかりました。


忘れてはいけないのは、甜茶には4種類あるということ。
その中で花粉症などのアレルギーに有効な効き目があるのは、
バラ科のテンヨウケンコウシ(甜葉懸鈎子)から抽出されたものだけなのです。


アレルギーの効果的な甜茶の種類の1つである甜葉懸鈎子
(テンヨウケンコウシ)は、花粉症の他にも、気管支炎喘息、じんましん、
アトピー性皮膚炎、ハウスダストにも効果があるのです。


花粉症のアレルギー反応は、体の中に花粉が侵入したときに起きます。
免疫物質(抗体とよばれるもの)が、体内に入ってきた花粉という異物
(抗原)と結びつこうとして、そのような働きを阻止しようとするのです。


そのときに「ヒスタミン」という科学物質が放出されるのですが、
この「ヒスタミン」が神経や血管や粘膜を刺激して、くしゃみ・鼻水の
原因となるのです。


そこで甜茶の成分の「甜茶ポリフェノール」が
「ヒスタミン」の分泌を抑える働きをしてくれます。
「ヒスタミン」を押さえれば症状が緩和されるというわけです。


この甜茶は花粉が飛び始める前から飲むことが効果的です。
花粉が飛ぶ憂鬱な季節を快適に過ごしたいものですね。
できれば、症状が出る前にのむことが効果的ですが、
症状が出てしまってからでも飲み続けることが大事です。


甜茶には即効性があるのでアレルギーに悩む人には、
1度は試してみたい良い飲み物です。
また最近ではキャンディーとして、
甜茶の成分が入っているものもありますから便利ですよね。







花粉症 | Trackback:(0) | [編集]

Copyright © 健康管理ナビ~美容と健康の最新お得情報 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。