スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 | Trackback(-) | [編集]

床とハウスダスト

アレルギーを引き起こす要因をアレルゲンといいますが、
これがいくつか混合したものがハウスダストです。


ハウスダストにはペットなどの動物やヒトの皮屑があり、またフケ、カビやダニ、
および細菌などが混ざっているのです。
このハウスダストに対するアレルギーは、チリダニの仲間の虫体や糞などが、
細かく崩れたものに対するアレルギーであることが多いようです。


ダニやカビはハウスダストの原因ですが、これらが全く居ない家などないでしょう。
ダニやカビが多いか少ないかはその家庭によって大きく異なりますが、
ハウスダストが多い家の場合、床掃除などの家の掃除をこまめに行っていなかったり、
正しい方法で床を掃除をしていないケースが多くみられます。


床の掃除をしっかりしているとハウスダストを減らすことができ、
通年性のアレルギー性鼻炎や、気管支喘息、アトピー性皮膚炎などを
軽減させることもできるのです。


床がフローリングの部屋の掃除をするときは、まずはじめに掃除機をかけて、
次に水気のある雑巾でゆっくり丁寧に拭いて、仕上げに濡れていない雑巾で
から拭きをする、という法方がいいでしょう。


畳の部屋では、畳の網目に沿ってていねいに掃除機をかけ、
それから塗れた新聞紙を部屋中に蒔いてからほうきで掃くと
ホコリなどがすっかり取れます。


床掃除はマメに行うというのが、ハウスダストを解消するためには
もっとも大切なことです。
床掃除も正しく行うと、カビやダニなどのハウスダストを
かなり除去することになります。


きれいになった部屋では気持ちもスッキリし、ゆとりが出来るというものです。
心にゆとりを持つためにも床などの掃除をこまめにすると良いと思います。




スポンサーサイト



ハウスダスト・アレルギー | Trackback:(0) | [編集]

ダニがもたらす病気

ダニの害は、アレルギーの原因になるだけでなく、犬や猫などのペットにも
病気をもたらすことがあります。


その中のひとつ疥癬(かいせん)という病気は、ヒセンダニと呼ばれる
ダニの一種が皮膚の角質層内に寄生して感染症を起こしてしまう病気です。
疥癬(かいせん)という病気の症状としては、激しいかゆみがあり、
布団の中で体が温まったときに痒くなります。


腕や脚、ほかの体の部分などに赤い小さなぽつぽつ、しこり、
がさがさができることが特徴です。
また細長い線状の発疹が体の柔らかい部分ばかりにできるのも特徴で、
これは疥癬トンネルと呼ばれています。


やっかいなことに、疥癬(かいせん)という病気は主に人から人へ、
肌の接触で移っていくのです。
寝具などをつたって感染することもあるために、最近では老人ホームや
寝たきりの患者さんが感染経路になっていることも多くいようです。


ダニがペットにもたらす病気にはバベシア症というものがあり、
マダニによって媒介されるバベシアという原虫が、
犬の赤血球に寄生する病気です。


バベシア症になると、犬は赤血球を破壊されるため、ひどい貧血におちいり、
それがひどくなると歯茎や舌が白っぽくなり血の気が無くなったり、
尿の色が赤くなってしまう、などの症状を現します。


幼犬や老犬では死にいたることが少なくありません。
ダニによって発症するバベシア症の予防としては、マダニに噛まれる
可能性のありそうな山や草むらに犬を連れて行かないことが一番です。


またブラッシングでいつもダニがついていないことを確認してあげたり、
ノミ・ダニ予防用の首輪やスプレーなどを使い、
ダニを寄せ付けないようにしてあげることも効果的です。







ハウスダスト・アレルギー | Trackback:(0) | [編集]

Copyright © 健康管理ナビ~美容と健康の最新お得情報 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。