スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 | Trackback(-) | [編集]

アロマの効能

アロマテラピーとは芳香療法のことを言い、まず精油(エッセンシャルオイル)を
用いることが基本です。
この精油の専門家がアロマテラピストです。


精油はハーブなどの植物の葉や茎、花、実、樹脂などから抽出された液体ですが、
その芳香成分、薬効成分を鼻に伝え、脳が受け取って、
心身にリラックス効果がもたらせられます。


キャンドル式芳香器や電気式芳香器の専用容器を用いたり、
ティッシュペーパーに1~2滴垂らしてデスクなどに置いたり、
アロマテラピスト以外の一般の方でも、とても手軽に楽しめるのが
アロマテラピーのいいところです。


またアロマテラピーは、マッサージやお風呂などに利用でき、皮膚から
血液・リンバ液へ吸収させることも出来ます。


世の中には実に様々なエッセンシャルオイルがあり、
なんと300種類以上の精油が存在していると言われています。
同じようにその効果も様々で、疲労回復や睡眠、または覚醒というように、
いろいろな効果がもたらされます。


その人その人が求める効果に合わせて精油の選択をしていくのが、
アロマテラピストです。
アロマテラピストの役割は、濃縮されたエッセンシャルオイルを、
適切に薄めて使用するなど、その扱いそのものにも知識が必要で、
大事な役割を果たしているといえます。


またアロマテラピーがもたらす医療的役割も注目され始め、
それにつれエッセンシャルオイルが持つ効能も科学的に、
解明されようとし始めました。
アロマの需要は、医療機関などでもあるようです。
日本では馴染みは薄いですが、医学としてのアロマの効能も興味深いものです。




スポンサーサイト



癒し | Trackback:(0) | [編集]

Copyright © 健康管理ナビ~美容と健康の最新お得情報 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。