スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 | Trackback(-) | [編集]

シミ取りレーザー

皮膚にできたシミを取りたいと思う人は多いと思います。
シミ取りには、まずレーザー治療をいいのではないかと思う人もいるでしょう。


レーザー治療を受けたいならば、皮膚科や美容外科などに行くといいでしょう。
肌のシミの原因になっているメラニン色素の黒い部分に反応させて、
シミ取りをするのがこのレーザー治療の一般的な方法です。


レーザーによるシミ取りは肌を痛めることもなく安全です。
中には術後にかさぶたや色素沈着になる場合もありますが、その後紫外線に
あたらないように気をつけてさえいれば、数日できれいな肌になるのです。


レーザー治療1回に要する治療時間も大変短く、メイクもすぐに可能な上、
シミ取りのレーザー治療中に痛みが伴うこともほとんどなく、
ゴムで弾かれた感じがする程度なのです。


とはいえ、レーザー治療の料金は保険のきく普通の病院の治療とはわけが違います。
そういうわけで、シミ取りレーザー治療をしようとするならば、
皮膚科などでしっかりと診察や説明も受けて、自分の納得のできる病院選びを
することが何よりでしょう。

シミ取りの方法はレーザー治療以外にも色々とあるので、レーザー治療をと
思い立つ前に、自分自身の生活習慣を見直てみることも大切です。



たとえばお肌のターンオーバーの周期を正常にするように気をつけたり、
紫外線対策をしっかりとって十分なスキンケアをすることなども大切なのです。
そういった努力をしても、なかなかシミが取れないというときに、
レーザー治療を考えるようにしてもいいでしょう。




スポンサーサイト



美肌 | Trackback:(0) | [編集]

シミ取りの治療法

シミ取りにはレーザー治療のような高価な治療の他にも、
ケミカルピーリングというものがあります。


ケミカルピーリングとは、特殊な薬剤を使うシミ取り法で、
薬剤により肌の角質を剥がしながら新陳代謝を促すというやり方です。
数々あるシミ取りの薬剤の中で、たとえばグリコール酸やAHA、
フルーツ酸といった薬剤が使われますが、これらが皮膚に塗られるとによって
肌のターンオーバーが活性化されるのです。


シミ取りの治療法であるケミカルピーリングの良いところは、
短時間で終わり比較的気軽に行うことができるということです。
きちんと施術の説明も聞けるように、できれば専門の皮膚科で
施術をしてもらうと良いでしょう。


ケミカルピーリングを受けた後は一時的に肌が水分不足になったり、
皮膚が敏感になったりすることがあります。
病院でのアドバイスをきちんと受け、スキンケア、紫外線対策をしておきましょう。


シミ取りの治療法で欧米で主流になりつつあるのがトレチノイン療法で、
トレチノインとはビタミンAの一種なのです。
この治療法だと、皮膚に直接塗ることにより、
肌の奥底にたまった角質が溶かかされるのです。


このトレチノインの力によって皮膚の新陳代謝やターンオーバーが促進され、
メラニン色素が排出されるのです。
ただし、このシミ取り治療では、肌が赤くなって炎症を起こしたり、
ヒリヒリすることがあるので医師の指示をしっかり受けて、
その後のスキンケアすることが必要になります。


このトレチノイン治療は塗り薬を塗るだけの簡単な方法で、
しかも費用も安く数週間でシミを取り除くことができるので、
これから少しずつ日本でも普及していくかもしれません。







美肌 | Trackback:(0) | [編集]

Copyright © 健康管理ナビ~美容と健康の最新お得情報 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。